弁護士へ依頼

B型肝炎訴訟を起こした殆どの人は弁護士へと手続きを依頼しています。これはまず必要になる証拠書類が自力では揃えられない可能性が高いからです。B型肝炎訴訟を起こすためには、自分が給付金の対象者である事を示す必要があります。しかし集団予防接種は最近の事ではありませんから、対象の医療機関が閉院されていたり、時期が不明で証拠探しすらできなかったりとトラブルも多いです。弁護士へ依頼すれば弁護士のネットワークを使った証拠探しができますし、万一証拠書類が見当たらなくても、条件を満たしているなら代理の書類を作成してくれます。

弁護士証拠集め後のB型肝炎の訴訟手続きも弁護士が代行してくれます。素人が訴訟を起こすのは難しいと国も理解していますから、弁護士に依頼する費用も支給の対象となっています。給付金の4パーセントまでは弁護士費用として別途支給されます。

またこの訴訟は国が既に敗訴を認めていますから、条件さえ満たしていれば給付金を受け取る事ができます。そのため弁護士側も成功報酬型を取っている場合が多いです。具体的には給付金の8~16パーセント程度を成功報酬としている弁護士事務所が多いです。支払いも和解後でいいという事務所も中にはあります。多くの弁護士事務所は無料相談を設けていますから、気になるなら相談しても良いでしょう。

Pocket